FC2ブログ

AffettoAmoroso

1/12サイズ アウトフィット製作     Copyright © 2006-2018AffettoAmoroso All Rights Reserved.

AKG15での販売品について3

AK-GARDEN 15
開催日時:2018年11月25日(日) 11:00~16:00
会場:東京流通センター(TRC) 第一展示室全室

いただいたスペースは、 AffettoAmoroso N-25、26  です。
ディーラーリストと会場図

当日の販売品のお品書きです。 
お品書きAKG15値段なし700px
【委託品について】
おけゃさんのかっこいいオビツ11サイズのアウトフィットをお預かりします。
ブログにて、詳細をご確認ください→おけ屋。 

【購入制限について】
列がなくなるまでは、購入数に制限をつけさせていただきます。AA服のお洋服は1点、その他は3点まで。おけ屋のお洋服はコート1点、その他は3点まで。最大であわせて8点まででお願いします。 


【整列について】
ブース前にお二人づつで商品をご覧になっていただきます。開場すぐは混雑することが予想されます。
当日にならないとわからないのですが、運営スタッフさんの御指示のもと、開場前にツイッターにてアナウンスできるよう配慮いたしますので、整列にご協力お願いいたします。

また、整理券をもらって並ばれた方を優先させていただきたいので、大変恐縮ですがディーラー参加の方はそれより先に並ばれることはお控えください。整理券を拝見させていただくことがございます。

【お会計について】
開場直後はできるだけおつりがないように1000円札・500円玉のご準備をお願いいたします。おつりがある場合には、必ずその場でご確認いただき、間違いがあればその場でご指摘ください。会計後、ブースを離れましてからあとでお申し出いただきましても、対応できませんので、どうぞブース前にておつりや、商品をご確認くださいますようにお願いいたします。

【撮影ついて】
運営からのご案内で、撮影は12時ごろよりOKとなっております。12時がすぎ、混雑が緩和しましたら撮影OKとします。
セッティングに少しお時間をいただくかと思いますが、お買い物が終わって落ち着きましたら、遊びにいらしてください。
撮影ブースは開放させていただきますので、お連れになったフィギュアやお人形とぜひ来場の記念に撮影していってください。
今回の会場の机が以前のところより狭いので、撮影ブースも狭いかと思います。どうか譲り合って、ご利用ください。

当日に、みなさまと、みなさまがお連れくださる小さな子たちを拝見するのが何より楽しみです♪
午後1時くらいからはおしゃべりできる余裕ができているはずなので、お買い物がおすみでしたらぜひ。
差し入れのお気遣いをたびたびいただきますが、うちの子を連れてきました、と言って見せていただけるだけで十分ですので、お荷物増やさないで、身軽に遊びにいらしてください!

スポンサーサイト

AKG15での販売品について2

AK-GARDEN 15
開催日時:2018年11月25日(日) 11:00~16:00
会場:東京流通センター(TRC) 第一展示室全室

いただいたスペースは、 AffettoAmoroso N-25、26  です。
ディーラーリストと会場図

続いては、赤と黒の模様が美しい小悪魔シリーズの紹介です。
_75D1166s.jpg
赤をベースにした黒の2層合皮(PU素材)をレーザー加工し、赤い模様を付けた後に貼り合わせています。やわらかく弾力があり曲げにも強いです。
羽と尻尾にはネオジム磁石が入っています。磁石が付く金属等を洋服や背中に仕込み装着してください。
尻尾・仮面・角には0.9mmの自遊自在が入っています。お好みの形状に整えお使いください。
表面の模様は強くこすると破損することがあります。


しっぽ、角、仮面を着けています。
_75D1173s.jpg
角は頭に巻いて角のように使ってもよいですし、腕や足に巻くのもセクシーでおすすめです。
まっすぐに伸ばしておくと、剣のようにも使えます。 

_75D1160s.jpg
仮面はかぶるようにしてもいいですし、後頭部を支えるようにして、使うこともできます。
フレキシブルなアレンジでどうぞ楽しんでください。

【バッグ等】
かぼちゃのバッグ、チャイナのバッグ、蝶の羽なども少しづつ持っていきます。
_75D0129.jpg

Dg7a9FaVQAANuZJ.jpg

_75D8434.jpg

〈3〉につづく

AKG15での販売品について1

イベントでの販売は年に二度、AK-GARDENさんに参加させていただいています。
今回もスペースをいただけましたので、どうぞよろしくお願いいたします。
AK-GARDEN 15
開催日時:2018年11月25日(日) 11:00~16:00
会場:東京流通センター(TRC) 第一展示室全室

いただいたスペースは、 AffettoAmoroso N-25、26  です。
ディーラーリストと会場図


【ファーコートセット】
ファーコートとニットワンピのセットになります。ワンピはニットですので、だいたいどの子にも着せられます。 もともと弓兵胸が入るサイズにしてありますので、ほかの胸のサイズではゆとりが出る場合もあります。ファーコートは何度か販売させてもらっていますが、黒と灰、どちらも新色です。
『小さなフィギュアでDoll遊び』に掲載していただいた型紙のものと、見た目はよく似ていますがデザインも作り方も違うものです。
_75D0932s.jpg

コートはどんなものとあわせていただけるか、楽しみです。ブラックドレスとも相性はよかったです♪ 
_75D0790s.jpg


【ノースリーブシャツのセット】
シャツは、弓兵胸が綺麗におさまりました。
他の胸のサイズでも、おさまりがよいので、どの子にも素敵に着てもらえるかと思います。スカートは面ファスナーを少し幅広につけたので対応できる素体は増えましたが、MMSsmallや、宇宙うさには大きすぎて着用できません。 

_75D0726s.jpg

ホーネットに。
_75D1091s.jpg

FAガールのイノセンティアに。
_75D1080s.jpg

武装神姫のラヴィーナ(スカートの留めるところが少し余って大目に重なります)に。
_75D1101s.jpg

ピコニーモM素体(強化関節ではありません)に。
_75D1095s.jpg


ピコニーモD素体に(手先パーツはずせば、腕がとおりました)。
_75D1110s.jpg

【CATフーディットベスト 白猫 M/S】
AKG限定で白猫セットとして販売したこともありましたが、今回はコーデを楽しんでもらう単品での販売となります。
Mサイズは、ねんどろいど、キューポッシュ、チビアーツなどのデフォルメフィギュアヘッドにあわせてあります。
チビアーツ虎徹さん、BBJ、子バニちゃん、ハイキューひなた、梅さん制作のイワン、には着せられました。
パオリンちゃんや、ユーリなど、ボブヘアっぽい子にはとてもよく似合います。 
画像はキューポッシュのユアン+オビツ11ボディとキューポッシュベルちゃんです。
_75D1121s.jpg

Sサイズを新しくつくりました。 OBヘッドをお迎えしたので、その子たちにも着せたくなったのです。
OBヘッド、MiRo、HINAちゃんや、3.5インチ~4インチのウィッグをつけられる子に合います。
_75D1033s.jpg
_75D1028s.jpg
_75D1021-2s.jpg


〈2〉に続きます…

『小さなフィギュアでDoll遊び』に型紙掲載・ニットワンピースの作り方

【必要な道具や基本的な型紙の写し方などは、本に掲載されていることを参考にしてください。ここでは、手順の説明を主にします】

生地を用意します。15センチ×15センチのもの。
薄い天竺ニットとか、綿ニットとなってるものなどで、15センチを横にぐいーっと伸ばして、19~20センチになるくらいの伸びのもので手を離したときに、だいたい元の15センチに戻るものをおすすめします。16~17センチにしか伸びないもの、また25センチくらいまで伸びるものは、今回のワンピの型紙には向きません。  
接着剤のくっつき方としては生地の混紡(混ざり方)で綿が多いほうがくっつきやすいです。生地の混紡がわからないときは、とりあえず生地の端に使用する予定のボンドを付けて折ってみます。
塗って押さえてみて離れてきてしまう生地はミシンで縫えば解決しますが、縫わずにボンドで仕上げたい場合には、きちんとくっつく布を選ぶといいです。 

【生地売り場では伸ばしてしまうと元に戻らないものがあって、ご迷惑かけるといけないので、計って伸ばすようなことはしないでくださいね。 もし生地売り場で試すなら、ちょっとだけひっぱってみて、手ごたえがあり、生地の目が伸びたままにならずに、戻るもの。を目安にしてください。】

今回は9センチの太いボーダーを選びました。これはちょうどミニスカートっぽい丈のあたりで、色の切り替えが入るので、トップスとスカートのフェイクに見えて、いいなぁと気に入っています。 
黒グレーの配置は上下入れ替えて使ったもの両方が本に掲載されています。
_75D0941-2.jpg
 
_75D0942.jpg
こちらが布の表。

_75D0943.jpg
内側が表、自分に見えているほうを裏、になるように半分に折ります。 黒とグレーに切り替わっている部分は慎重に
ラインを合わせておきます。あとで脇や後ろを縫ったときに段差がでないように仕上がると綺麗です。

_75D0948.jpg
型紙は、外の一周をぐるりとはさみでカットしておいて、襟ぐりや背中の真ん中の線はいまは切らないで、前と後ろに半分に折って、布にのせます。 半分に折った布、半分に折った型紙、それぞれの折り目が綺麗に重なるようにのせてください。

_75D0952.jpg
そのまま袖口、脇の下、脇、スカート裾、反対の脇、脇の下、袖口、とぐるりとロータリーカッターで切ります。 (切りやすい方向、順番でかまいません。とりあえず切り離せたら大丈夫です。)

_75D0954.jpg
切り離せました。 襟まわりはこれから切っていくので、いまはくっついています。

_75D0957.jpg
半分に折ってある型紙の背中の線が入っているほうをあてて、着たときに首の後ろあたりになるところを小さくカーブするように切ります。(型紙ごと切ってもかまいません。ほんのすこしだけを心掛けます。少なすぎたらまたもうちょい切ります)

_75D0959.jpg
切っていったん開きます。(表が見えています。裏が下。)

_75D0960.jpg
右袖と左袖を合わせるように半分に折ります。表が内側になるように、自分に見えるのは裏側です。

_75D0962.jpg
型紙も布と同じように袖と袖を合わせるように半分に折ります。首の後ろがわは先にちょっとだけ切ってあるので、そこを目安に袖やすそも見ながら、型紙を合わせます。先に型紙を切っておいたほうが安心だったら、はさみで線通りに切っておきます。
(わたしは型紙と布を同時にロータリーカッターで切りました。) 型紙通りに、Vネックになる襟のまわりを切ります。

_75D0963.jpg
半分だったのを、開くと、襟のまわりがぐるりと切れてます。 こうして切ると、左右対称になりやすいです。

_75D0965.jpg
この状態のまま、さきほどの半分に折ったままの型紙をあてて、背中のまっすぐな線を型紙を定規にするように切ります。
Vネックの谷のところが胸にくる部分ですので、間違わないように。
【画像にはないのですが、ここで切り口があるところ(袖やすそ、襟まわりなど)にピケを塗っておくと、着せたときに布からほつれた繊維などがボディにつくのを防げます。ボンドであれこれ留めるのでほつれはある程度防げるので、手軽に仕上げたいときにはピケはなくてもいいですが、塗ると綺麗に仕上がります。】

_75D0969.jpg
袖のところを布の端にボンドをちょんちょんとつけて、4mm折ります。 (本格的に仕上げたいときは、ミシンで縫います)

_75D0970.jpg
定規をおいて、4mm折れたか調整・確認します。はってすぐならば、はりなおしできるので、調節しつつ4mmにトライしてください。
左右両方とも同じようにします。

_75D0972.jpg
襟は、切ったふちから3mmのところをチャコペンで印をいれます。 正確に裁断できていたら、布の切り口から定規をあてて3mm計ってもよいですし、だいたい計ったらあとは目分量でも。布端から、印まで、ハサミで縫い代のところを切ります。位置は型紙を参考にしてください。曲線のところに多く入れて、直線のところにはそんなに必要ないです。

_75D0974.jpg
縫い代にボンドをつけて、貼っていきます。あまりたくさんつけると、表の生地に響いて白っぽくなったりするので、気を付けて。

_75D0977.jpg
目打ちとか先の細いものと指で、貼っていきます。しっかり押さえてくっつけたら襟周りはできあがりです。 
(本格的に仕上げたいときは、ミシンで縫います)

_75D0988.jpg
前の裾にボンドをつけて、3㎜に折ります。ここも定規をあてて確認してください。
(本格的に仕上げたいときは、ミシンで縫います)

_75D0992.jpg
背中の開きを、縫い合せます。 表が内側になるように半分にして、色の切り替えがあるところはぴったりあうように、しっかり待ち針をさします。

_75D0994.jpg
切った端から、3mmを縫います。 手縫いなら、本返し縫いで縫います。縫い方の説明はこちら→縫い方の基本
ミシンで縫うならば、上糸がレジロン、下糸はウーリー糸をおすすめしたいです。 (普通の糸でも縫えます)

_75D0996.jpg
縫えたところ。

_75D0997.jpg
縫い代を左右に開いて、アイロンをかけておきます。これで背中がフラットになって、美しく仕上がります。
首の後ろあたりの縫い代のところ、スカートのすそあたりの縫い代のところを、ボンドで軽くとめておくと、見た目がよくなるのと強度が増します。

_75D1000.jpg
後ろの裾も、前の裾と同様に、ボンドを塗って3㎜折ります。 
(本格的に仕上げたいときは、ミシンで縫います)


_75D1004.jpg
あわせた布端から、3mmのところを縫います。縫う目安のラインをチャコペンで入れておくと縫いやすいです。 できる人は印がなくてもよいです。 

_75D1006.jpg
左右それぞれに同じように縫い終わると、このように前の身頃が浮くかと思います。これが正解です。 
この型紙は後ろに縫い合わせがあるので、前より後ろが6mm少ないので、このような形になります。

_75D1007.jpg
縫い合せたあとの脇の下あたりの曲線の、縫い代に切込みをいれます。深く切りすぎて縫った糸を切ると大惨事なので、ちょっとだけを何か所かにいれます。ひっくり返して出来上がりです。 (ひっくり返すのに、鉗子使うと便利です。)おすすめの鉗子

_75D1011.jpg
仕上がったので、着せます。 バンザイして着せるのですが、だいたい肩がはずれてしまうので、肩や手首がはずれるメガミデバイスボディならではの着せ方で、着せるのもありなので、一つの方法として参考にしてください。

_75D1012.jpg
ヘッドと腕をはずしておいて、ボディだけをスカート裾から入れてしまいます。

_75D1013.jpg
肩まで着せたら、手首をはずした腕を襟もとから差し込んで、腕を通します。

_75D1014.jpg

_75D1016.jpg
肩の関節をはめてボディにくっつけます。 

_75D1017.jpg
少し腕まくりするようにして、手首をはめます。

_75D1018.jpg
ヘッドをつけたらお着替え完成です。

水着っぽい素体や、カスタム素体で肌色のボディも作れますが、もともとのボディにお洋服を着せるのも靴下をはいてるようにも見えてかわいいかなとか、もともとのボディカラーに合うようなお洋服の色や柄を選ぶのも楽しいと思っています(*´∀`*)
『小さなフィギュアでDoll遊び』で、ぜひそれぞれのおうちの子に合うお洋服を作っていただけたら、幸いです。
Twitterで、もしご報告いただけるようならば、『 #AA型紙で作ってみた 』のタグをつけていただくと、大変嬉しいです!

『小さなフィギュアでDoll遊び』に型紙掲載☆

ハロウィン月間、たくさんのかわいい子たちのお写真を拝見できて、とっても楽しかったです!
うちのお洋服とかわいい靴やアクセサリーとのコーデで、みんな華やかでした~~!(*´∀`*) 

ハロウィン服の制作と並行して、型紙制作のご依頼を受けていました。

『小さなフィギュアでDoll遊び』 

dollasobi.jpg


キューポッシュのメイク方法やヘアパーツのカスタム方法、メガミデバイスの組み立ては写真入りでとても丁寧に解説されています。
いままでプラモデルになじみがなかった方でも、この本を見ながらだと、とても取り組みやすいのではと思います。
組み立てが終わったら、ぜひお洋服を着せてあそびませんか?という流れで、2種類のボディにあわせて、それぞれの型紙を掲載していただいてます。

オビツ11サイズの型紙は、DollyDolly2016springに掲載していただいたものです。
ニットでつくるベスト・タンクトップと、コットン等でつくるサルエルパンツです。今回の本にあわせて、再コーデ・再撮影となっています。モデルは兎夢さんがつとめてくれています。

メガミデバイスの型紙は、弓兵の胸がおさまるようにニットでつくるワンピースにしました。
もちろんほかの子の胸でもOKなので、それぞれのお宅のかわいい子たちにぜひ作っていただけたらと思います。
本の作例では、9センチの幅の太いボーダーを使っています。色の切り替えのある生地を選ぶことで、トップスとスカート、というようなフェイクなコーデにも見えて、気に入っています(*´∀`*) 
写真付きでの解説をここで、したいと思っています。  

プロフィール

hinaki・ヒナキ

Author:hinaki・ヒナキ

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク