AffettoAmoroso

         ピコニーモ・武装神姫・1/12サイズ アウトフィット製作                         Copyright © 2006AffettoAmoroso All Rights Reserved.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑誌掲載のお知らせとサルエルパンツ型紙アレンジ

先日はSHOP受注にたくさんのお申し込みをいただきありがとうございました。ご当選のみなさまにはご入金のお手続きをいただき、順調に製作をすすめております。 御希望に沿えなかったみなさまには大変申しわけなかったのですが、また再販等も考えておりますのでどうぞよろしくお願いいたします。

さて、タイトルにもありますが!
Dolly*Dolly2016springに、オビツろいどについての記事が掲載されました!
編集者さんから、お声をかけていただき、ご依頼をいただいて、遊び方のひとつとしてカスタムの仕方をご紹介しました。
ブログを見ていただいているみなさまにとっては、珍しいものではないかと思いますが、誌面に掲載するにあたり
あらたに写真を撮りなおし、できるだけ簡潔に説明を入れました。
トップス二種類(同一型紙)、ボトムを一種類、型紙を載せていただいたので、お着替えの準備にお役に立てていただけると嬉しいです。
ツイッターではすでに何人もの方に作っていただけて、本当に感謝しております。ご利用ありがとうございます!

ボトムのサルエルパンツですが、もともと薄手のコットン布帛の生地を想定してますが、ニットで作ればステテコになれるかもー!
とツイッターで作り方をリアルタイムでツイートしました。
ノープランでつぶやいていたので、こちらにまとめておきます。 Dolly*Dolly2016springのほうの作り方も見つつ、参考にしていただければと思います。

【ニット生地を使ったサルエルパンツ、ゴム入れでの仕上げアレンジ】
1.薄いニットを中表にして型紙を置いてカットします。型紙はDolly*Dolly2016springに掲載したものです。
sute1 (1)
2.ロータリーカッターで、切るのが好きです。これで二枚ぶん(右左パンツ)、布が切れてます。
sute1 (2)

3.カットしたときの二枚重ねのまま前またがみをぬい、そのあと裾を折ってアイロンして縫う。
sute1 (3)

4.このへんに切れ目をいれておく。
sute1 (4)

5.またがみのフェイクステッチいれて、ウェストラインを折って縫う。たぶんこれはウェストゆるゆるになる感じ。もともと伸びない布を想定した型紙なのでニットで作るとぶかっとするはずなの。ボディにあててみます。
sute1 (5)

6. 縫い代は4ミリ見当なのに、これは8ミリくらいあります!ので、ウエストにゴムを入れたいと思います。
sute6.jpg

7.太い刺繍針にゴムカタン糸をとおして、ウエストにゴムをいれます。
sute7.jpg

8.通ったら長めに糸を出してきっとく。
sute8.jpg

9.元の型紙にあわせつつちぢめて、まち針で留めて縫う。布端から4ミリのところを縫う。仕上がり線は書いてないけど、必要な方は書いてくださいね。
sute9.jpg

10.縫って、ゴムカタンは2本まとめて結ぶ。カーブのとこに切れ込み。
sute9(2).jpg

11. 股下をあわせて、まち針でとめる。
sute10.jpg

12.縫ったら、切れ目をいれて、ひっくり返す。ひっくり返しには、鉗子が便利ですよー!できるだけ先が細いものがおすすめです。
sute11.jpg

13.はい、完成!(*´∀`)♪
sute12.jpg

というカンジで、ニットで作る場合には、生地にもよりますがウエストはゆるゆるになるので、ゴムを入れるといいと思います。
いろんなアレンジで楽しんでいただけますと幸いです!

スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:hinaki・ヒナキ

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。