FC2ブログ

『小さなフィギュアでDoll遊び』に型紙掲載・ニットワンピースの作り方

【必要な道具や基本的な型紙の写し方などは、本に掲載されていることを参考にしてください。ここでは、手順の説明を主にします】

生地を用意します。15センチ×15センチのもの。
薄い天竺ニットとか、綿ニットとなってるものなどで、15センチを横にぐいーっと伸ばして、19~20センチになるくらいの伸びのもので手を離したときに、だいたい元の15センチに戻るものをおすすめします。16~17センチにしか伸びないもの、また25センチくらいまで伸びるものは、今回のワンピの型紙には向きません。  
接着剤のくっつき方としては生地の混紡(混ざり方)で綿が多いほうがくっつきやすいです。生地の混紡がわからないときは、とりあえず生地の端に使用する予定のボンドを付けて折ってみます。
塗って押さえてみて離れてきてしまう生地はミシンで縫えば解決しますが、縫わずにボンドで仕上げたい場合には、きちんとくっつく布を選ぶといいです。 

【生地売り場では伸ばしてしまうと元に戻らないものがあって、ご迷惑かけるといけないので、計って伸ばすようなことはしないでくださいね。 もし生地売り場で試すなら、ちょっとだけひっぱってみて、手ごたえがあり、生地の目が伸びたままにならずに、戻るもの。を目安にしてください。】

今回は9センチの太いボーダーを選びました。これはちょうどミニスカートっぽい丈のあたりで、色の切り替えが入るので、トップスとスカートのフェイクに見えて、いいなぁと気に入っています。 
黒グレーの配置は上下入れ替えて使ったもの両方が本に掲載されています。
_75D0941-2.jpg
 
_75D0942.jpg
こちらが布の表。

_75D0943.jpg
内側が表、自分に見えているほうを裏、になるように半分に折ります。 黒とグレーに切り替わっている部分は慎重に
ラインを合わせておきます。あとで脇や後ろを縫ったときに段差がでないように仕上がると綺麗です。

_75D0948.jpg
型紙は、外の一周をぐるりとはさみでカットしておいて、襟ぐりや背中の真ん中の線はいまは切らないで、前と後ろに半分に折って、布にのせます。 半分に折った布、半分に折った型紙、それぞれの折り目が綺麗に重なるようにのせてください。

_75D0952.jpg
そのまま袖口、脇の下、脇、スカート裾、反対の脇、脇の下、袖口、とぐるりとロータリーカッターで切ります。 (切りやすい方向、順番でかまいません。とりあえず切り離せたら大丈夫です。)

_75D0954.jpg
切り離せました。 襟まわりはこれから切っていくので、いまはくっついています。

_75D0957.jpg
半分に折ってある型紙の背中の線が入っているほうをあてて、着たときに首の後ろあたりになるところを小さくカーブするように切ります。(型紙ごと切ってもかまいません。ほんのすこしだけを心掛けます。少なすぎたらまたもうちょい切ります)

_75D0959.jpg
切っていったん開きます。(表が見えています。裏が下。)

_75D0960.jpg
右袖と左袖を合わせるように半分に折ります。表が内側になるように、自分に見えるのは裏側です。

_75D0962.jpg
型紙も布と同じように袖と袖を合わせるように半分に折ります。首の後ろがわは先にちょっとだけ切ってあるので、そこを目安に袖やすそも見ながら、型紙を合わせます。先に型紙を切っておいたほうが安心だったら、はさみで線通りに切っておきます。
(わたしは型紙と布を同時にロータリーカッターで切りました。) 型紙通りに、Vネックになる襟のまわりを切ります。

_75D0963.jpg
半分だったのを、開くと、襟のまわりがぐるりと切れてます。 こうして切ると、左右対称になりやすいです。

_75D0965.jpg
この状態のまま、さきほどの半分に折ったままの型紙をあてて、背中のまっすぐな線を型紙を定規にするように切ります。
Vネックの谷のところが胸にくる部分ですので、間違わないように。
【画像にはないのですが、ここで切り口があるところ(袖やすそ、襟まわりなど)にピケを塗っておくと、着せたときに布からほつれた繊維などがボディにつくのを防げます。ボンドであれこれ留めるのでほつれはある程度防げるので、手軽に仕上げたいときにはピケはなくてもいいですが、塗ると綺麗に仕上がります。】

_75D0969.jpg
袖のところを布の端にボンドをちょんちょんとつけて、4mm折ります。 (本格的に仕上げたいときは、ミシンで縫います)

_75D0970.jpg
定規をおいて、4mm折れたか調整・確認します。はってすぐならば、はりなおしできるので、調節しつつ4mmにトライしてください。
左右両方とも同じようにします。

_75D0972.jpg
襟は、切ったふちから3mmのところをチャコペンで印をいれます。 正確に裁断できていたら、布の切り口から定規をあてて3mm計ってもよいですし、だいたい計ったらあとは目分量でも。布端から、印まで、ハサミで縫い代のところを切ります。位置は型紙を参考にしてください。曲線のところに多く入れて、直線のところにはそんなに必要ないです。

_75D0974.jpg
縫い代にボンドをつけて、貼っていきます。あまりたくさんつけると、表の生地に響いて白っぽくなったりするので、気を付けて。

_75D0977.jpg
目打ちとか先の細いものと指で、貼っていきます。しっかり押さえてくっつけたら襟周りはできあがりです。 
(本格的に仕上げたいときは、ミシンで縫います)

_75D0988.jpg
前の裾にボンドをつけて、3㎜に折ります。ここも定規をあてて確認してください。
(本格的に仕上げたいときは、ミシンで縫います)

_75D0992.jpg
背中の開きを、縫い合せます。 表が内側になるように半分にして、色の切り替えがあるところはぴったりあうように、しっかり待ち針をさします。

_75D0994.jpg
切った端から、3mmを縫います。 手縫いなら、本返し縫いで縫います。縫い方の説明はこちら→縫い方の基本
ミシンで縫うならば、上糸がレジロン、下糸はウーリー糸をおすすめしたいです。 (普通の糸でも縫えます)

_75D0996.jpg
縫えたところ。

_75D0997.jpg
縫い代を左右に開いて、アイロンをかけておきます。これで背中がフラットになって、美しく仕上がります。
首の後ろあたりの縫い代のところ、スカートのすそあたりの縫い代のところを、ボンドで軽くとめておくと、見た目がよくなるのと強度が増します。

_75D1000.jpg
後ろの裾も、前の裾と同様に、ボンドを塗って3㎜折ります。 
(本格的に仕上げたいときは、ミシンで縫います)


_75D1004.jpg
あわせた布端から、3mmのところを縫います。縫う目安のラインをチャコペンで入れておくと縫いやすいです。 できる人は印がなくてもよいです。 

_75D1006.jpg
左右それぞれに同じように縫い終わると、このように前の身頃が浮くかと思います。これが正解です。 
この型紙は後ろに縫い合わせがあるので、前より後ろが6mm少ないので、このような形になります。

_75D1007.jpg
縫い合せたあとの脇の下あたりの曲線の、縫い代に切込みをいれます。深く切りすぎて縫った糸を切ると大惨事なので、ちょっとだけを何か所かにいれます。ひっくり返して出来上がりです。 (ひっくり返すのに、鉗子使うと便利です。)おすすめの鉗子

_75D1011.jpg
仕上がったので、着せます。 バンザイして着せるのですが、だいたい肩がはずれてしまうので、肩や手首がはずれるメガミデバイスボディならではの着せ方で、着せるのもありなので、一つの方法として参考にしてください。

_75D1012.jpg
ヘッドと腕をはずしておいて、ボディだけをスカート裾から入れてしまいます。

_75D1013.jpg
肩まで着せたら、手首をはずした腕を襟もとから差し込んで、腕を通します。

_75D1014.jpg

_75D1016.jpg
肩の関節をはめてボディにくっつけます。 

_75D1017.jpg
少し腕まくりするようにして、手首をはめます。

_75D1018.jpg
ヘッドをつけたらお着替え完成です。

水着っぽい素体や、カスタム素体で肌色のボディも作れますが、もともとのボディにお洋服を着せるのも靴下をはいてるようにも見えてかわいいかなとか、もともとのボディカラーに合うようなお洋服の色や柄を選ぶのも楽しいと思っています(*´∀`*)
『小さなフィギュアでDoll遊び』で、ぜひそれぞれのおうちの子に合うお洋服を作っていただけたら、幸いです。
Twitterで、もしご報告いただけるようならば、『 #AA型紙で作ってみた 』のタグをつけていただくと、大変嬉しいです!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

hinaki・ヒナキ

Author:hinaki・ヒナキ

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索